健康効果について

グルコサミンは、天然のものにおいては貝の殻、動物の骨および骨髄などに含まれるもので、健康補助食品として多く販売されています。

 

関節軟骨の働きを強める効果が期待され、膝の変性性関節炎の緩和のために使われることが多いようです。

 

人によっては腰が痛いときに飲んで効果的だったという話も聞きます。

 
また、ペット用としても、高齢動物の膝、肘の変形性関節炎や先天的な股関節疾患などの治療に補助的に取り入れられて効果をあらわすなどサプリメントとしては比較的古くから利用されてきました。

 
グルコサミン、コンドロイチン硫酸のほか、ミドリイガイ、ボスウエリア酸なども関節用サプリメントとして多く取り入れられています。

 
商品によってその組み合わせや価格など違うので、どれを選ぶか迷うところです。

 

とりあえず1か月くらいは試してみないと効果がわからないので、やると決めたら根気よく1か月は続けるようにした方がよいでしょう。

 

その後は、表示よりも少ない量でも効果が維持できる場合もあり、本人が調節しても問題はありません。

 
ただ、医薬品ではないので、必ずしも効果があるとは限らず、その理解は必要です。

 
気を付けなければいけないことは、サプリメントとはいえ、クマリン血液凝固阻止剤を利用している患者がグルコサミン製剤を服用すると、血液凝固阻止作用が強くなってしまうリスクがあるのでやめた方がよいでしょう。

 
いずれにせよサプリメントは利用の仕方によっては生活していくうえで、とても有用なものと思われます。