アンチエイジング効果について

鏡を見たとき、化粧品で顔のお手入れをしている時などに老いを感じるのは肌の弾力性が失われた時でしょう。

 
若い時は弾むようにぷるんっとした肌だったのが、加齢と共に弾力が失われ、重力に負けてどんどんたるんで下がってしまうのが肌の老化現象です。

 
これは肌の弾力性を支えている真皮部分の衰えが原因です。

 
弾力性のある若い肌は、肌を支えている繊維の方向が複雑に絡み合って、立体的に網目のような構造になっています。

 

この網目が一定の間隔であいている状態なら肌のハリが保たれますが、加齢などで網目が増えすぎると、皮膚の柔軟性が失われてたるみなどが引き起こされます。

 
また、肌の真皮層というのは、その下にある脂肪層を支える役割もあります。

 

しかし加齢とともに脂肪層も減少していくので、肌を支える力が徐々に失われ、たるみを実感する事につながります。

 
これらを防ぐ為にも、日頃からアンチエイジングに対して積極的な取り組みをする事が大切です。
食生活で体の内側から、基礎化粧品などで体の外側から、体の両面からのアプローチすることで、効果的にケアする事が可能になります。

 
お手入れを続けていけば徐々にたるみなどの老化現象の進行を緩やかに押しとどめ、弾力性も少しずつ取り戻す事が可能でしょう。